薬剤師にとってブラックな薬局

薬剤師にとってブラックな薬局をご紹介!


薬剤師にとってブラックな薬局

薬剤師さんが思う、ブラックな薬局と言えば、みなさんも既にご理解いただけると思いますが、働いていて、良いとは言えない環境の薬局です。 薬局とは、そもそも薬剤師が、患者さんのためにお薬を医師の処方に基づき調合し、その薬を安全に安心して飲んでいただけるように、服薬指導等を行います。 時には、医師の処方に誤りがある場合は、きちんと医師へその事を告げ、訂正し、患者さんに適切な薬を調合する事もありますが、薬局薬剤師とは、以上のような仕事が基本となります。

しかし、実際、この調剤を行い、患者さんへ服薬指導を行うべく場所において、色々なトラブルが起きている事も非常に多いのです。 毎日、患者さんのための調合を行い、尚且つ患者さんのために指導を行うにあたり、トラブルが起きる余裕が無いように思えるのですが、薬局の中には、雇われる事となる、薬剤師同士のいさかいも少なくないようです。

ある薬剤師さんの場合は、気に入らない薬剤師さんが失敗をすると、蹴るという方もおられたようですが、薬剤師は、薬剤師という仕事に慣れる頃、このような事を平気でするのかという印象を持ちましたが、こうして、後輩の薬剤師をいじめるような薬剤師の存在する薬局も実際、あるようです。

もちろん、こうした、薬局は、経営者も少し変っているようで、朝礼時のあいさつ自体も丸で自衛隊のようなイメージで行われていたと言いますから、こうした薬局は、やはり良い環境の薬局とは言えず、経営者自体の考え方が、少しずれているからこそ、そうした意味のない乱暴を行う薬剤師を平気で雇っているということになります。 つまり経営者自体、このような行為を薬剤師の一人が行っている事を知りつつ、その薬局に長く存在し、経営者には、従順な態度な事で、何も言わずに雇い続けている、という事なのでしょうが、こうした薬局で働く事は、調剤における内容も、失敗すらしそうですし、しなくてもよいミスをも招きそうな環境とも言えるので、こうした薬局は、やはりブラックな薬局であると言えると思いますし、もちろん、こんな場所で働いていたら、転職を考えたくなるのも当然で、転職して正解の薬局であると言えます。

薬剤師にとって、ブラック、環境が良くない薬局とは、もちろん薬剤師の事を考えない経営方針の薬局もそうですが、薬剤師一人ひとりにきちんと目を配れず、やりたい放題させている、という薬局もまた、良い薬局とはいえないのです