薬剤師による逃避

薬剤師による逃避をご紹介!


薬剤師による逃避

薬剤師さんの中には、やりがいを感じ、毎日充実した薬剤師生活を送る薬剤師さんもいれば、子育てと薬剤師職をバランスよくこなす、ママさん薬剤師さんもおります。 中には、経営者となり、薬剤師さんを雇い、その代表者として、バリバリ仕事をこなす、薬剤師さんも存在し、薬剤師さんの現状とは、各薬剤師さんにより大きく異なります。

ここまで、紹介する薬剤師さんは、すべて、環境もよく、薬剤師としてバリバリ仕事をこなし、その仕事に対しての、やりがいも非常に感じている薬剤師さんとなりますが、中には、今でもすぐに逃げ出したい、というほど、追い込まれている、薬剤師さんも実は存在し、職場における環境の悪さや、仕事の内容における矛盾の多さにより、今すぐにでも、この職場から去りたいと考えておられる薬剤師さんも実は、存在するのです。

薬剤師という仕事は、何となく、穏やかなイメージがあり、尚且つ資格自体が専門職であるゆえに、仕事環境におけるトラブル等は、内容に思えるのですが、やはり薬剤師さんそれぞれが、選ぶ就業場所により、あたり、外れが存在するという事なのです。 つまりは、薬局で働く事がどうのこうの、という事でなく、薬局、病院、企業に関係なく、そこにいる、その働きたいと考えている方を取り巻く環境において、良い環境の場合と、悪い環境の場合が存在し、また経営者によっても、労働者の事を考えないような経営者のもとで仕事をすれば、当然、逃げたいと思ってしまうような就業場所となってしまうのです。

薬剤師の資格は、そもそも専門職で、医療に携わる一員ですから、その人材を取り巻く環境には、悪い事など起こり得ないと感じ、尚且つ薬剤師という仕事には、看護師のようないじめなども考えられなかったのですが、薬剤師さんのお話から、事実、いじめというような問題も起こり得るという事を知り、驚いたほどですが、薬剤師さんの選択の仕方で、その薬剤師職が楽しい仕事ともなりえますし、選択の誤りにより、逃避したいと考えるほど、嫌になってしまう職場も存在するということなのです。

薬剤師は、地域により、非常に不足しているという中、こうした薬局が存在することにより、貴重な薬剤師もまた、減る事となりますから、薬剤師を雇う側の心構えはもとより、薬剤師を取り巻く環境というものも、今以上に整えるべきかと思います。 なぜなら、薬剤師さんが、調剤をミスることにより、実は命にかかわる事態を起こしかねます。 もちろんそうした事件も存在し、亡くなられた方もいます。 そのような悲しい事故を起こさないためには、薬剤師の働く環境は、今以上にきちんと改善し、整えていく事は非常に重要と思えるのです。

マツキヨの薬剤師の給料を解剖しよう!