薬剤師に失敗は許されない

薬剤師に失敗をご紹介!


薬剤師に失敗は許されない

薬剤師という職業は、様々な活躍の場があり、非常にやりがいも高い職業と言えます。 また、その分、やはり医療に従事するものとして、医師や看護師同様、薬剤師は、失敗が許されません。

医療に携わる一員として、失敗をしてしまった際には、そのミスは、患者さんもしくは、お客さんの命にかかわる事に発展する、ということを日々自覚し、業務、役割に取り組んでいかなければいけません。

薬剤師の犯した事件の中には、やはり患者さんへの薬の調剤を誤り、その患者さんを死亡させた、という事件が、実際、起きてしまっている以上、そうした失敗は、なくて当然、してはいけない失敗です。 この事件の背景には、ミスを犯した医師にも責任が無いとは言い切れませんが、仮に、医師が処方箋の記載を誤った場合には、それを薬剤師が確認し、誤りを正す能力が備わる存在と言えるので、やはり薬剤師が、そのミスを改善しなかったことにより事件に至るという事になっても仕方が無いことなのです。

そもそもこの事件の発端は、医師の処方箋の記載ミス。 ですが、薬剤師は、それを正す、能力を持ち、尚且つ薬学における専門家となるわけですから、医師の誤りは、医師への確認が例え、とれなかったとしても、改善すべき事だったのです。 これにより、この事件に巻き込まれた患者さんは死亡しましたが、実際これに関わる薬剤師は、書類送検となり、薬剤師職を失ったという事になります。

このような事は、本来、薬剤師の失敗としては、あってはならない事です。 薬は、病気を改善する、緩和するために存在するわけですが、時として、その薬が、毒にもなる、という事をよく認識し、その業務に当たることが、非常に重要であるという事なのです。

つまり薬剤師は、基本的に失敗がありえない職業であり、失敗は、人の命を奪う、という事になりえる職業ですから、失敗しないよう、日々、業務にあたっていく事が、本当に重要であるのです。 しかしながら、薬剤師、医師、看護師、それぞれは医療に従事する者として、日々、役目を果たしているのですが、やはり、そもそもは、人間ですから、時としてミス、失敗をするという事もあり得るのです。

ですが、失敗を犯すと、結果『命』を奪うという事になりますから、その事を肝に銘じ、業務を行っていかなければならず、それが、自分たちの使命であるという心掛けを持ち、職務にあたっていかなければなりません。

失敗を犯してしまったら、その時点で、取り返しがつかない、という事をよく認識し、非常に大変な役目を担う職業ではありますが、頑張っていただきたいと思います。

50代の薬剤師転職市場の現状 50代の方の採用傾向